fc2ブログ
バタバタしてるうちに年は明けてしまってもう1月終盤ですが、中途半端な形で放置されてしまってる「2014年リリースの好きなアルバム」について、書いていこうと思います。

予定としては
 ・10枚アルバムを選び、うち3枚についてレビューを書く
 ・セレクトした10枚を軽く紹介
 ・「2014年私的ベストトラック」として2014年リリースの好きな曲5つを軽く紹介(10枚のアルバムに収録されているもの以外からセレクト)
という感じにします、今決めました。(笑)

「2014年私的ベストアルバム」、既に紹介済みの1枚目=go!go!vanillas『Magic Number』に引き続き、今回はUNISON SQUARE GARDEN『Catcher In The Spy』について、です。




スポンサーサイト



2015.01.24 Sat (16:56) l CD l コメント (0) l top
こちらで告知した通り、以前SOGO TOKYO「LIVE & INFORMATION」にて、2014年12月に発売されたスキマスイッチのアルバム『スキマスイッチ』のレビューを書かせていただきました。
で、ありがたいことに私はこのフリーペーパーに何度かレビューを寄稿しているのですが、特定のライブ会場でしか配布されないものなので「読みたいけどゲットできない」という声をよくいただいていました。

そこで私ができることとして考えたのが「配布期間が終わったらブログに同じ作品のレビューを載せよう!」ということです。
ただ、全く同じものを載せるのもつまらないので「論旨だけは同じ」なロングバージョンでお届けします。



ということで、追記にてスキマスイッチ『スキマスイッチ』のディスクレビューを。





2015.01.16 Fri (21:00) l CD l コメント (0) l top
成人の日ですね。
新成人のみなさま、おめでとうございます。
私たちのように豪雪のなかの成人式にならなくてよかったですね。
(「92年生まれ 悲惨」でレッツ検索☆)
人生の先輩として何か言いたいことがあるというわけでもないし、言えるような分際でもないし、だから何となく「ハタチ」というキーワードで思い出したことを、ただただ自分のことをつらつらと書いてみる。





今私は22歳なので3年前が自分たちの成人式だった。
19歳の私は「成人式のときにはまだ誰も成人してないんだな」って疑問に思った憶えがある。
だから私にとって「成人の日」は「これから(20代以降)どんな人になっていくか」ということよりも「今まで(10代まで)どんな人だったか」ということを考えるキッカケのひとつだった。

今まで、というか特に10代後半の私はとにかくパッとしなくて。
高校時代の友人なら分かると思うけど(というかそれ以外の人は知らないと思うけど)、当時の私は周囲から「ネガティヴで人見知り」だと言われ(実際にそうだったし)、もう「ネガティヴ」とか「人見知り」という単語が私のあだ名みたいになっていた時期があったほどだった。

大学に入っても「ネガティヴで人見知り」だから友達を作るのが下手。
「ネガティヴで人見知り」だから飲み会(新歓)に行きたくない、いつの間にかサークルに入るタイミングを失う。
「ネガティヴで人見知り」だからバイトの面接でも上手く喋れない。

「ネガティヴで人見知り」という自分の性格が選択肢を狭めていることは明らかだった。
だけどこれが私の性格だし、そんな簡単に変えられるものじゃないし、まあしょうがないよね~って何となく過ごす日々。
クズのようですね。

19歳の1月。成人の日。
成人式には行かなかったけど同窓会には行った。
自分がまだ純真無垢な女子だったころ仲良くしてた人。
「ネガティヴで人見知り」な私のことを理解し、甘やかし、一緒にいてくれた人。
在学同時はそんなに話さなかったけど何か今なら気が合うかも、って人。
いろんなタイプの友人たちと話をした。

そして成人式終わって少し経ったぐらいにどこかでこんな言葉を見かけた。

人の性格は、20歳でほぼ固定される

え、そうなの?
てことは、21歳になるまでなら変えられるかもしれないんだ。
……絶望するよりも先にそう思ったところで、自分のことを心のなかで笑った。
今の考え方、全然「ネガティヴ」じゃねぇええええ!!!(笑)
きっと同窓会でいろんな人と話して何かしらの刺激を受けたんだろうな。

当時から音楽ライターになりたいという明確な意志があったわけではないけど、雑誌編集にしろ、レーベルの社員にしろ、形は未確定でも私は音楽を外部の世界に発信する人(ミュージシャンではなく)になりたいとは思っていた。
「ネガティヴで人見知り」なんて取材できないし、交渉できないし、アーティスト側と向き合えないし、妨げでしかないなとはずっと思ってた。
そうだ、どうせならこの言葉の真偽を身を以て確かめてやろうじゃないか。
そうやって、19歳の冬に「ネガティヴで人見知り」を捨てる決意をした。
21歳の誕生日を迎えるその日までに、「ネガティヴで人見知り」を捨てよう。


今は22歳の冬。21歳の誕生日もとっくに過ぎて、3年が経った。
結果的に「ネガティヴで人見知り」を捨てきれたかというと、うん、微妙。
たぶん「ネガティヴ」の方はもう薄くて、自分のなかにあったハングリー精神とか頑固さとかの方が勝っている自覚はある。
で、厄介なのは「人見知り」の方だ。
未だに5人以上の人が集まる飲み会は一旦気合いを入れてからじゃないと中に入れないし、ライブ後の関係者挨拶なんて毎回吐きそうなほど緊張する。
ひとりになった瞬間にホッとしながら、それと同時に「あのときもっとこうしたかったのに~」と後悔しながら泣きたくなる。
……ここだけの話、たまに泣く。

性格なんて簡単に変えられない。
拭っても拭っても、こびりついたものはなかなか取れない。
でも「変えよう」と思って動いたこの3年間、逃げなかったこの3年間は自分にとってかけがえのないものになったと実感している。
バイトの面接もあれからすぐに受かったし、友達と呼べる人も多くはないけど確かにいるし、21歳の誕生日にライターデビューをして以降、こうしてフリーランスの立場で仕事を貰えているし。
逃げないことによって変わった世界がたくさんあった。
これからはこの「変えられない」性格とどう付き合っていくかをもっと考えていかなければいけないけど、それと同時にやっぱりこれからも「変えたい」と思いながらもがき続けるんだろうなと思う。
結局、「人の性格は、20歳でほぼ固定される」って言葉の真偽なんて関係なかったんだろうな、私にとっては。








2015.01.12 Mon (19:00) l 日常 l コメント (0) l top
①ライヴレポート:This Summer Festival 2014([Alexandros]、9mm Parabellum Bullet、クリープハイプ)(「RO69」)

★[Alexandros]主催の「夏フェス」。3組それぞれのロックバンドとしてのカッコよさを再認識できた1日でした。



②ライヴレポート:パスピエ(「RO69」)

★夏ぶりに観たけどアンサンブルの磨かれ具合半端ないし、メンバーもお客さんもみんな笑顔で、これぞツアーファイナル!な充実度の高いライヴでした。



③クイックレポート:COUNTDOWN JAPAN 14/15(「RO69」)

12/28:LiSABUZZ THE BEARSHUSKING BEEWHITE ASHdustbox
12/29:GOOD4NOTHING住岡梨奈/見田村千晴/山崎あおい/片平里菜GRAPEVINELEGO BIG MORLKNOCK OUT MONKEY
12/30:BLUE ENCOUNTHello SleepwalkersTHE ORAL CIGARETTESきのこ帝国忘れらんねえよ

★2014年の書き納め。夏のRIJFに引き続きクイックレポート参加させていただきました!



④インタビュー&レビュー:buriki
 ライヴレポート:ラックライフ
 プルモライト「World's End」Chapter line「大言壮語の逆襲」、キュウソネコカミ「GALAXY」(「ハッピーポンコツランド」特集記事内)
(「Skream!」2015年1月号)
※ウェブ版へのリンクはアップされ次第追加していきます

★表紙はKANA-BOON&The Flickers!テイクフリーなので見かけたらぜひ。





2015.01.07 Wed (14:31) l 告知 l コメント (0) l top
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
昨年も、たくさんの方々にお世話になった年でした。
どうか今年も、何卒よろしくお願いいたします。



2014年はたくさん不甲斐ない思いをした年でした。
捨てたはずの性格がまだこびりついていたことに気づいたからです。
でもそれを捨てよう捨てようと踏ん張ってきたこの3年間は間違いなく自分の礎になったので悔いはありません。
ただめちゃくちゃ悔しいし、一生向き合わなきゃいけない自分の欠点はやっぱりそう簡単に減らないのか……と実感しました。



2015年の抱負は「エンターテインメントする」。
つまり、クオリティを向上させる、そして内側を見せない、さらに相手も自分も豊かになるような行いを。

①クオリティを向上させる
「音楽を言語化するなんて無理じゃね?」とよく言われるけどそもそもそんなことしてるつもりはないです。
「作者・奏者の気持ちなんて分かってないくせに」とよく言われるけどそんな、他人の気持ちが完璧に分かる日なんて一生訪れないと思ってます。
(そりゃ、なるたけ読み取りたいし、その努力はするべきなのは間違いないけど)
こちらの意図してない方向に読んでしまう人を責める気持ち以上に、「だけど書く」意味、「だから書く」意味ってのを発信できなかった、読み手に分からせることができなかった今の自分は未熟だなという気持ちが大きい。
全体的な質を向上させ続けるべきなのはそりゃ当たり前だけど、特にそこを今年の課題のひとつにしたい。


②内側を見せない
内側=怒り、悔しさ。
それを表に出さずに燃やしていたい、ということ。
今の私はとりあえずいろんな人を見返したいって気持ちで生きてる、というのが正直大きい。(笑)
特に、性別や年齢だけを見てああだこうだ言ってくる人は対抗したいしギャフンと言わせたいとずーっとずーっと思ってる。
(逆に、その性別や年齢、その他自分の特性を全部活かして(逆手にとって)いきたいともずーっとずーっと思ってるけど)
でも、4月には学校だって卒業するわけだし、この何クソ精神を原動力にしてるのは大人気ないかなと思う。
でもだからといってこんな性格ですから、今更心のキャパも拡大しないので(笑)、「一見」もっと軽やかな精神でいたい。大らかな人に見られたい。
4月以降、環境が変われば自然と心境も変わるのかもしれないけど、もし自然と変わらなければ自ら変わりにいかなければならないな、と。


③相手も自分も豊かになるような行いを
楽しく生きたい。それだけのこと。
単純だけど難しい。



心のなかで思うだけよりもこうして記した方が有言実行できそうな気がするので、これからの自分宛に残しておきます。



P.S. 今年はTOTALFATとともに過ごすと運気上がるらしい。(笑)


fc2blog_201501052058561ee.jpg


2015.01.05 Mon (20:59) l 日常 l コメント (0) l top